野菜ソムリエ上級プロ堀基子の「便利で美味しい!冷凍ゴーヤースライス」

ベジコラボOkinawaのメンバーブログへようこそ!
代表の野菜ソムリエ上級プロ堀基子です。
メンバーが3日おきにフレッシュな情報をお届けする、
このメンバーブログを通じて、
一人一人の得意分野や個性を知っていただけたらと存じます。

8月31日の「野菜の日」に新発売となった、農業法人(有)グリーンフィールドさんの「沖縄県産冷凍ゴーヤースライス」。

その原材料には、夏場の沖縄の主力品種として栽培されている「群星(むるぶし)」を中心に使用しています。

沖縄産のゴーヤーは、しっかりとした苦味が魅力。
「やっぱり沖縄産じゃなくちゃ!」と指名買いされる理由も、そこにあるようです。

ちなみに、沖縄で栽培されているゴーヤーは他にも、寒さに強い「汐風」、ずんぐりとした姿で明るい緑色をした苦味が少ない「あばしゴーヤ」、輸送中に表面の突起がつぶれにくい「てぃだみどり」、白くて丸い愛らしい姿で苦味の少ない「パールゴーヤ」など、様々な品種があります。
でも、ゴーヤーの苦味が大好きな私は、やっぱり夏太陽を浴びて育った「群星(むるぶし)」が一番好きです。

この機会に沖縄産冷凍ゴーヤースライスを味わってみたい方は、以下のサイトよりお取り寄せできます。
1袋200g(ゴーヤー約1本分)×5パックのセットで、なんと送料無料で税込1,930円です!
詳しくは以下のURLよりご確認くださいませね。

農業法人(有)グリーンフィールド通販サイト
https://okinawa-yasai.shop/shopbrand/all_items/

では、最後に、私が担当させていただきました「沖縄産冷凍ゴーヤースライス」を使った簡単レシピをご紹介します。
今回ご紹介するのは、「平焼き」を意味する「ヒラヤーチー」です。
わが家では、ゴーヤーの他、輪切りにしたオクラ、食べやすい長さに切った生モズクなどを加えて作ることもあります。
ビールが進んで困っちゃうかも!?
ぜひぜひお試しくださいませね!

「沖縄産冷凍ゴーヤースライス」でヒラヤーチー
ヒラヤーチーとは、台風で外出できないときなどに、家にある材料でパパッと作られてきた、チヂミによく似た沖縄の定番おやつ。
ニラや青ねぎなどを入れて作りますが、冷凍ゴーヤースライスで作ると、これがまた美味なのです。
ツナを加えることで、タンパク質とうま味をアップ!
タレは、ポン酢しょうゆ、または酢じょうゆに、白ごまを加えて。お好みでコチュジャンを加えても。
また、ソースやマヨネーズで召し上がっていただいてもOKです。

●材料(直径18cm×2枚分)
沖縄産冷凍ゴーヤースライス1/2袋、薄力粉100g、かつおだし汁100ml、卵1個、ツナ缶(小)1個、サラダ油大さじ1、塩小さじ1、タレ(酢大さじ2、しょうゆ大さじ1、白ごま小さじ1)

●作り方
①大きめのボウルに卵を溶き、薄力粉とかつおだし汁と塩を加え、ツナも汁ごと加えて、サックリと混ぜます。
②フライパンにサラダ油大さじ1/2を入れ、冷凍ゴーヤースライスの半分を並べて中火にかけ、フライパンが温まったら①の生地の半量を注ぎ、薄く均一に伸ばして焼きます。
③焼き色がついたら裏返し、同様に焼いて皿に取り出し、2枚目も同様に焼きます。
 食べやすい大きさに切り、タレを添えて、さあ召し上がれ!

野菜ソムリエ上級プロ堀基子の「便利で美味しい!冷凍ゴーヤースライス」

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP