野菜ソムリエ上級プロ堀基子の「沖縄の中高年には懐かしい!?キームム」

ベジコラボOkinawaのメンバーブログへようこそ!
代表の野菜ソムリエ上級プロ堀基子です。
メンバーが3日おきにフレッシュな情報をお届けする、
このメンバーブログを通じて、
一人一人の得意分野や個性を知っていただけたらと存じます。

しばらく前に、ちょっとおもしろい果物に出会いました。
その名は「キームム」。島桃と呼ばれることもあるようです。
うちなーぐち(沖縄ことば)ではケがキになるから、ってことは「毛桃」!?
見た目はおなじみの桃に似ていますが、形が少々いびつで、スモモほどの大きさ。
「毛桃」の名の通り、おなじみの桃と同様に、表面は産毛で覆われています。
調べてみると、バラ科モモ属で、和名はそのまま「モモ」。
原産地は中国北西部の黄河上流地方とのこと。

さっそく試食してみたところ、
おなじみの甘みが強く軟らかい果肉の黄桃や白桃とは異なり、
硬めの食感で、思いのほか酸味が強く、甘みはほのかに感じる程度。
完熟する前の桃を食べているような感じですが、
ほんのりとした香りは、やはり桃そのもの。
私たちが現在よく食べている桃の原種に近いのかもしれませんね。

というわけで、刻んでジャムにしてみました。
白砂糖とレモン果汁少々を加え、コトコト煮るだけ。
種に近い部分の赤い色がグッと引き立ち、
桃の香りと爽やかな酸味がおいしい、
なんとも美しいジャムに仕上がりました。

キームムは沖縄では古くから栽培されていたようで、
「子どもの頃によく食べた」という年配の方も多いようです。
また出会えたら、ぜひジャムにして楽しみたいと思います。


野菜ソムリエ上級プロ堀基子の「沖縄の中高年には懐かしい!?キームム」

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP