野菜ソムリエプロ齋藤珠美の「深紅色のローゼルジャムで作るタルトソレイユ」

太陽のパイという意味のフランス発の焼き菓子「タルトソレイユ」。
このパイに合わせたのは真っ赤なローゼルのジャム。
こんなに華やかな見た目なのに簡単に作れるから、おもてなしや、これからのパーティーシーズンにぴったり!

ハイビスカスティーの原料として知られるローゼル。
下処理した後は、ローゼルの分量の10~15%の塩をふり混ぜ塩漬けにするのもおすすめです。
クエン酸の酸っぱさはまるで梅干しの風味そのもの。
ご飯に混ぜたり、お料理に活用できます。

さいの目に切ったリンゴも一緒に加えて作ったローゼルのジャムを使って、「ねじるだけで華やか!ローゼルのタルトソレイユ」をご紹介します。

・材料

冷凍パイシート(18㎝×18)…2枚
ローゼルジャム…適量
卵黄…適量

・作り方

1.冷凍パイシートをめん棒で20㎝の正方形に伸ばし、丸くカットする(皿などをパイシートの上に置き周りを切り取る)。

2.1にローゼルジャムをぬり(端2㎝はぬらない)、もう一枚のパイシートをかぶせ、端をフォークで押して接着させる。
途中、パイシートがベタついてきたら、一度冷やして作業すると作りやすいです。

3.中央に直径3~4㎝の器を置き、放射状に16等分に切る。

4.1本ずつ2回ねじり、表面に刷毛で卵黄を塗る。

5.200度に余熱したオーブンで20分程焼く。

作る楽しさも味わえるタルトソレイユ、焼きたてをひとつずつつまんで召し上がれ。

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP